FreeNASのアップグレード3

我が家のIP-SAN(iSCSI)として運用中のStorageサーバのFreeNASを
8.3.0-RELEASE-x64にアップグレードしました。

今回はGUIでアップグレードしました。

ざっくり手順は下記

*環境、用途にもよりますがうちはUSBメモリ起動なのでUSBメモリを丸ごとDDで
バックアップしてます。。。なのでUSBメモリも8GBより4GBがおススメですw
もっと言えばそこそこ高速なUSBメモリを使うと起動が速くなります。
ま、あまり頻繁に再起動する性質のアプライアンスじゃないので関係ないですが・・^^
<例>
hotsname$ dd if=/dev/sdb of=/home/username/freenas82.usb.2012xxxx

①FreeNAS-8.3.0-RELEASE-x64.GUI_Upgrade.txz(8.2.0からのUPなのでtxzを選択)
 FreeNAS-8_3_0-RELEASE-x64_GUI_Upgrade_txz_sha256.txt
をそれぞれDLしてshaはクリップボードにでもコピーしておく

②Settings -->> Advanced -->> Firmware Updateに遷移する。


③テンポラリ領域を選択する(うちはSSDが稼働系、SASが待機系なのでSASを選択)
d0034336_2164443.jpg



④New Imageに①でDLしたFirm本体、SHAにも①でクリップボードでコピーした英数値をペーストする
d0034336_218453.jpg



後は自動リブートが2回走って無事起動したら、諸々正常性の確認をして終了♪

下記のログは8.0から出ていて少し調べましたが原因がよくわかりません・・

[root@storage01] ~# dmesg -a|grep -i error
[root@storage01] ~#
[root@storage01] ~#
[root@storage01] ~# dmesg -a | grep -i fail
acpi0: reservation of 67, 1 (4) failed
/etc/rc: WARNING: failed precmd routine for vmware_guestd
[root@storage01] ~#
[root@storage01] ~#
[root@storage01] ~# dmesg -a | grep -i warning
WARNING: VIMAGE (virtualized network stack) is a highly experimental feature.
atrtc0: Warning: Couldn't map I/O.
/etc/rc: WARNING: failed precmd routine for vmware_guestd



FreeNASのStorageサーバはESXi5.1のiSCSIデータストアとしてマウントさせていますが今回
のアップデートでも上記ログ以外は今のところ運用上の特段な問題は出ておりません^^
d0034336_21123879.jpg



<FreeNAS(Storageサーバ)の構成>
OS:FreeNAS(8.3.0-RELEASE-x64)
CPU:Xeon E3-1230(3.2GHz)
MB:Supermicro X9SCM-F
DRAM:CENTURY MICRO CK8GX4-D3UE1600(ECC/Unbuffered/4枚組) 計32GB
RAID HBA:Areca1223-8i(SAS,SATA6Gbps/512MB cache)
NIC:Intel 10Gigabit XF/SR DualPort Server Adapter [EXPX9502AFXSR]
Mobile Backplane: Dirac DIR-1060SS
SSD:Crucial M4-CT512M4SSD2×4
SAS:Fujitsu MBD2300RC(300GB)×4


<ESXi5.1(iSCSIイニシエーター)の構成>
CPU:Xeon E5-2650
MB:Supermicro X9SRL-F
DRAM:Samsung micron-chip D9LGK(REG/4枚組) 計32GB
NIC:Intel 10Gigabit XF/SR DualPort Server Adapter [EXPX9502AFXSR]
    Intel I350-T2
SSD:Sumsung 830(MZ-7PC128)



関連記事
http://srvinfo.exblog.jp/16616862/


自分で間違って「いいね」ボタンを押してしまった・・・^^;
# by v-akiras | 2012-10-29 21:20 | 10Gbps

ESXi5.1 patch

早くもESXi5.1のパッチが出てたのであてました。。
(当方の環境にはほどんど関係ない部分の修正みたいでしたが一応)

838463になりました
d0034336_13104994.jpg


~# esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/xxx/patch/ESXi510-201210001.zip

Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be
rebooted for the changes to be effective.

Reboot Required: true
VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-0.5.838463
VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-0.0.799733
VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_esx-dvfilter-generic-fastpath_5.1.0-0.0.799733,
VMware_bootbank_esx-tboot_5.1.0-0.0.799733,
VMware_bootbank_esx-xlibs_5.1.0-0.0.799733,
VMware_bootbank_esx-xserver_5.1.0-0.0.799733,
VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.01.31-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.1-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_misc-drivers_5.1.0-0.0.799733,
VMware_bootbank_net-be2net_4.1.255.11-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-bnx2_2.0.15g.v50.11-7vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-bnx2x_1.61.15.v50.3-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-cnic_1.10.2j.v50.7-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-2vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-e1000e_1.1.2-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-enic_1.4.2.15a-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-igb_2.1.11.1-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-ixgbe_3.7.13.6iov-10vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-nx-nic_4.0.558-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-r8169_6.011.00-2vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-s2io_2.1.4.13427-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-sky2_1.20-2vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-tg3_3.110h.v50.4-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-13vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-6vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-sata-sil24_1.1-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-bnx2i_1.9.1d.v50.1-5vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.3-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-21vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-lpfc820_8.2.3.1-127vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_5.34-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_10.00.00.00-5vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-6vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-6vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-qla2xxx_902.k1.1-9vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-4vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_scsi-rste_2.0.2.0088-1vmw.510.0.0.799733,
VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.510.0.0.799733,
VMware_locker_tools-light_5.1.0-0.0.799733
# by v-akiras | 2012-10-28 13:26 | PC、NW、ESXi

「VSB周りの警告」の修正

と言ってもあっけなくIPMIのFD(factory default)で終わった^^

X9SRL-FはBIOS上からはH/Wモニターの状態が見えない。。。

どういった変更なのかがよくわからなかったのでサクッとSupermicroに問い合わせた所

> It's in IPMI remote management.

との事で全てIPMIでやれ・・らしい、また今回の電圧周りの事や温度が取得できたり
出来なかったりする事象もついでに伝えるとFDしろと返答が帰ってきたのでCMOS
のクリアとIPMIのFDを実施した所不具合?があっけなく直った^^

d0034336_305678.jpg




それとまだ構築中ですがNW構成も少し変えてみた。。
ふつーならLAG2へ(場合によってはゲスト毎に)NICのポートを増やして行くんでしょうがそこは所詮
自宅鯖でアップリンクはたかだかマンション共有のベストエフォートLANなので最低限の冗長があれ
ば良いと思っていて、むしろMGMのほうがゲストのバックアップコピーやらでw帯域を使いそうなので
一応LAGにしてあります。。あ、勿論各VLANのL3SW側のLAG設定も必須です。
iSCSIの10GのほうはL3SW側の10Gポートに空きがない(もう1セットのSFP+の準備がまだなので)
ので差してませんのでコールドスタンバイになってます。。あ、いっそ直結という手段も^^;
d0034336_11155132.jpg


先述ですがESXi5.1だとI350も一発認識です♪
d0034336_373919.jpg



ESXiマシン更改(最終形)~手作りラック(ESXi5.1の入れ替えに伴う模様替え)♪


関連記事

http://srvinfo.exblog.jp/16981256/
# by v-akiras | 2012-10-25 03:08 | PC、NW、ESXi

センマイメモリを買った

センマイ(千枚)ことセンチュリーマイクロのメモリモジュールを買ってきました。

型番は:CK8Gx4-D3UE1600 でDDR3-1600/8GB×4枚組(計32GB)のキットです。
d0034336_0364223.jpg


このタイプのケース好きです(出し入れし易いから)
d0034336_038930.jpg


チップも鉄板なHynixです。
d0034336_037238.jpg




UDIMM/ECCで我が家のストレージサーバ(FreeNAS)のMB(X9SCM-F)を32GB化
にする為ですw

ストレージサーバ関連記事
http://srvinfo.exblog.jp/16616862/

Supermicroの場合、UP-XeonのMBでも3400系やE5系はRDIMM/ECC(non-ECC)
でも動作する場合が多いのに対してこのE3系のX9SCM-FはなぜかUDIMM/ECCしか
動作しません。。。


比較的安価でかつ動確済なKingstonも候補にあげましたが直接的には関係ないとはいえ
不具合の記事(下記URLの動画)がKingstonのモジュールを使っていたのもあって今回も
鉄板なセンマイモジュールとあいなりました。

https://sites.google.com/a/lucidpixels.com/web/blog/supermicrox9scm-fissues


当初はセンマイゴリ押しなF店で・・と思ってましたが検索したら99のほうが安かったので
今回は99での購入です。。それに99はふつーに茄子使えるしね♪
(F店もJCBルートとかで使えるのかな??)


あとはどうやって運用中のFreeNASを止めるかdeathw
# by v-akiras | 2012-10-20 00:41 | PC、NW、ESXi

X9SRH-7TF ♪

X9SRH-7TFというMBがSupermicroのサイトに載っていました。

http://www.supermicro.com.tw/products/motherboard/Xeon/C600/X9SRH-7TF.cfm

このMBの特徴はUP-Xeon系のMBでありながら

Intel X540Dual Port10GBase-T+ LSI2308 です♪

まーLSI2308はSAS/SATAの非H/W Raidコントローラなのでおまけ程度ですがオンボ
でX540Dual Port(X540-T2相当)は魅力だと思います。
どうせならLSI2308ではなくLSI2208(Raid)にしてもらうかまたはX540デュアル+I350
デュアルのLANづくしにしてもらったほうが良かったかな^^;

DPだとX9DR7-TF+という最強MBがあってあちらは
X540Dual Port10GBase-T+ LSI2208(H/W Raid)です♪

UP-XeonのMBでもX3400系の時はX8SIE-LN4Fみたいな”仮想化ヨロシク”的なMBが
あったように●はなかなかやってくれます^^


ちなみにこのX540は現時点ではSR/LR対応版はなく10GBase-Tのみなのですがさす
がに対応L3SW(L2SWも)はまだ高価です。

じゃ仮にX540-T2(NIC)を2枚買ってESXiとストレージ間は何?・・直結?? 嫌だよーw
だいいちこんな高価なNICを一組もっていながら直結なんて”ある意味”コスパ最悪でしょ?
とても”IP-SAN”とは言えないしね^^、高速化&コスパなら自宅IP-SANは諦めてローカル
にSSDでRaidでも組んだほうが遥かに幸せって感じでしょう^^

そもそも自宅IP-SANの10G化自体がコスパとか言ってる場合じゃないし~^^

ただボクはこの直結案はESX-ストレージ間を専用VLANにするならSW導入の時間稼ぎ的
にはまぁ~ありかなとは思いますしX540-T2同士でマルチパス化でもすれば一応閉塞的な
IP-SANって感じ??

で(前置きが長くなりましたがw)そのコスパの悪さに一石を投じるかのようなMBがX9SRH-7TF
なわけですよ!

もう一度言いますがオンボでX540Dual Portです♪

それにX540に関してもっと言えばX540からサポートされたDDIOは(現時点で)Xeon E5系
でないとサポートされてないらしい・・事も挙げておかなければならないと思います。

糞高いE5系を買ったんじゃコスパ云々ないじゃん・・というなら逆に10GのNICはX540じゃな
くてもいいじゃんと返します。

先述ですがそもそも10G導入自体がコスパとは無縁なはずなのでどうせX540使うならDDIO
も使ってみたくね?って感じでしょうか・・まーこの辺は価値観次第でしょうね・・へへ^^

http://www.intel.com/content/dam/www/public/us/en/documents/faqs/data-direct-i-o-faq.pdf#search='DDIO'
# by v-akiras | 2012-10-19 23:30 | PC、NW、ESXi

ESXiマシン更改(その参)

時間をみてはちょこちょこと構築してますがなんとなく基本構築は出来てきました~

今回はその過程で実施した細かいエラーに対する対処の備忘録(自分用)です。

①ストレージのタイプで非SSD→SSD化

②ESXi5.1 -->> FreeNAS8.2p1のiSCSI接続に関するエラー

③データストアのリネームでエラー

④VBS周りの警告






<①ストレージのタイプで非SSD→SSD化>

全開同様下記実施にて対応

~ # esxcli storage nmp satp rule add -s VMW_SATP_DEFAULT_AA --device "t10.FreeBSD_iSCSI_Disk" --option=enable_ssd

~ # esxcli storage core claiming unclaim --type device --device "t10.FreeBSD_iSCSI_Disk"

~ # esxcli storage core claimrule load

~ # esxcli storage core claimrule run

d0034336_1920422.jpg






<②ESXi5.1 -->> FreeNAS8.2p1のiSCSI接続に関するエラー>

我が家のストレージサーバであるFreeNASには既存のESXi5.0と今回構築中のESXi5.1
の2台がiSCSIにてぶら下がるのですがそれぞれのESXにiSCSIでマウントさせるVolumeを
FreeNASのTarget側でどうやって分けるかですが当初Target IPは共通で2台目はポートを
TCP3260→3261とか3270とかで設定して分けようと試みたのですがポートを変えると何故
かESXi5.1側からうまく接続出来ないみたいでした(tcpdumpでも3260以外ではパケット出
さないので??)。
今回はそれ以上の原因を調べる前にFreeNASのiSCSI用途のインターフェースにエイリアス
(セカンダリIP)をアサインして、それにマップした新規ポータルをもう一個作って設定したらあっ
さりと接続、マウントしました^^。。もっともポート変更もボクの設定が悪かったのかもしれません
が時間もあまり掛けたくなかったのもあり今回はエイリアスで逃げちゃいました^^

d0034336_19314649.jpg
d0034336_1932530.jpg



またその後、色々試験也をして特段な問題はなかったのですが唯一ESXi5.1から接続する時
にFreeNAS側のログで下記のエラーをはいている事を発見。
で、色々と調べたらESXi5.1側のsmart機能が原因でした。。。

istgt_lu_disk.c:6737:istgt_lu_disk_execute: ***ERROR*** unsupported SCSI OP=0x85
istgt_lu_disk.c:6737:istgt_lu_disk_execute: ***ERROR*** unsupported SCSI OP=0x85

OP=0x85とはT10 Technical Committeeのサイトで見ると「ATA PASS-THROUGH(16)」
の記述らしい・・
よくわからないけどFreeNASのSSDのRaidボリューム(SATA)に対してESXi5.1側からiSCSI(SCSI)で
Smartを取得しようとしたら、未サポートだよと怒られている様な感じでしょうか・・^^
ま、そもそもFreeNASのボリュームは自身のRaid HBA(ARC-1223-i8)のMgm port経由でリアルタイ
ムでイベント監視をしてしている事だしESXi5.1側からの監視系は不要なのでサクッとsmartdを止めたら
エラーも止りました~♪

ESXiにSSHでログインしてから下記で止める。

~ #chkconfig smartd off

http://www.t10.org/lists/op-alph.txt





<③データストアのリネームでエラー>

データストア名のリネーム時に下記のようなエラーで変更できなかったので
------------------------------------------------
vSphere Clientで内部エラーが発生しました。
詳細:入力文字列の形式が正しくありません。
------------------------------------------------

VMware vSphere Clientのショートカットのプロパティに「-locale en_US」
を付けて(英語版として)起動し、再実行したらうまくリネーム出来ました^^





<④VSB周りの警告>

これに関しては未解決、っていうかどうも出来ないので・・
IPMI周りが、、とも疑ってますがしばらくは放置プレーです^^
d0034336_19533475.jpg





「VSB周りの警告」の修正
# by v-akiras | 2012-10-12 19:54 | PC、NW、ESXi

ESXi5.0 パッチ

もうすぐ入れ替えとなる稼働中のESXi5.0マシンにパッチをあてたのでそのログです。

esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/xxxx/ESXi500-201209001.zip

なんかSyslog系のエラーをはいてパッチが実行出来なかったので調べてみたら下記に
workaroundっぽい記述があり、USBメモリのDDバックアップ後に実施

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2016914

下記を実施後再実行したらうまくあたった♪
/bin/python -OO /usr/lib/vmware/vmsyslog/bin/vmsyslogd -i


しかし敗因はエラーのログを取っていたと思っていたらなかった事・・・^^
# by v-akiras | 2012-10-11 19:15 | PC、NW、ESXi

m4のFirmアップデートとSecure Erase

今週はSOHOが多いのでw色々とやってます。


Crucial m4のFirmwareが010Gにアップデートされていたので先ずは
我が家のストレージサーバのM4-CT512M4SSD2×4枚(Raid5)にあてる
と同時にSecureEraseもついでに実施したのでその備忘録です。

*最新Firmが特にベストとは断言出来ませんが過去Fixされた事のほうが多いと
いう経験値(特に前回)だけですのであてなくても問題ないと言えば問題ないかも・・^^;

我が家の場合、Areca ARC-1223にM4-CT512M4SSD2×4枚(Raid5)のVolume
セットがぶら下がっているので下記の1~3の手順を4回実施する事になります^^;

1:Raid5なVolumeセットから1枚抜く
2:Firmアップデート&SecureEraseを実施
3:Volumeセットに戻しリビルドが走る

ArecaのRaid HBAにはマネージメント用のイーサ・コネクがあってそこにIPをアサイン
してMTAに転送設定入れておけばHBAでのイベントをメールで転送出来ます。。
当然我が家も自MTAのメーリングリスト宛てに転送設定が入っているので上記の
1や3の時はスマホにメールが飛んできます。

下記は調度リビルドが終わった知らせですね(約28分・・流石SSD早いです♪)
d0034336_12511829.jpg




<Firmwareのアップデート>
CrucialのサイトからISO(又はWin7で動作するバイナリ)を落として
実行するだけです^^;


<SecureErase>
今回はDOS/V POWER REPORT 2012/05の71ページを参考にしています。
PartedMagicというツールをブータブルUSBメモリに作成して実施します。
また、これは自分用の備忘録なので他にもやり方があるでしょうし、下記でもし
不具合があっても一切の責任は負いませんのでご了承^^
当然ノーコメですw


準備するツール
・USBメモリ(当方は2GBの余ったやつを使用)
・Universal-USB-Installer-1.9.1.1.exe
・pmagic_2012_09_12.iso
・BIOS(EFI)でAHCI/Hotプラグ対応の空いているSATAポートを準備しておく。
 (途中電源を入れたままケーブル類の脱着を行う為)
・勿論SSD本体とSATA、電源両ケーブルも準備しておく

Win7マシンにUSBメモリを差して、後は上記のUniversal-USB-Installerを立ち上げて
下記を順に指定しCreateボタンをクリックするだけでブータブルUSBメモリが完成します。

Step1:PartedMgic
Step2:pmagic_2012_09_12.iso
Step3:USBメモリのドライブレター


さて、ここからいよいよUSBメモリから起動してSecureEraseを実施するわけですが念の
為に対象SSD以外のストレージのケーブルは全て抜いておいたほうが良いかもしれません。
あ、必要に応じて作業前にバックアップを取っておく事は言うまでもありません^^


USBメモリに仕込んだPartedMagicから起動画面
d0034336_12433395.jpg



起動したところ
d0034336_12452678.jpg



ア:Erase Diskを選択
d0034336_1244266.jpg



イ:Internal Secure・・を選択しContinue...をクリック
d0034336_1245527.jpg


ウ:対象のSSDを選択しOKをクリック
d0034336_124667.jpg


エ:Closeをクリックして一旦Erase Diskを終了させます。
d0034336_12462675.jpg


そしてそのまま(電源を入れたまま!)SATA、電源両ケーブルの脱着をします!
文字通り、両ケーブルを抜いて、深呼吸してw、再度差します。
こういう時のため(だけに)「電源一体化シリアルATAケーブル」があると一度に出来ます^^


我が家は上記サーバ以外も含めて計10枚のM4があり、10回この作業をやりましたけ
ど毎回ドキドキしました。。サムスンやIntelのSSDだと専用ツールがあるのでこん
なヤクザなオペレーションは不要です。。M4を買った当時は適当な512GB容量のSSD
はM4くらいしかなかったのですが今ならコスパを考えてサムスンの830一択でしょうね♪



オ:ケーブルの着脱が”無事”終わったらもう一度ア~ウを実施すると今度はエでは
  なく下記の画面に変わるので「NULL」のまま何もせずにOKをクリックする。
d0034336_12481461.jpg


カ:再確認のメッセージが出るのでYESをクリックする。
d0034336_12481153.jpg


キ:Enhanced Secure Erase対応SSDだと下記画面が出るのでNoをクリックする。
  DPR5月号によれば徹底した上書き消去をするためノーマルに比べて寿命が低下
  する可能性があるとの事でNoを推奨してます。
  Noを選択するとノーマルなSecure Eraseが実行される。
d0034336_12492261.jpg



ク:Secure Eraseが実行される・・画面では約2分と出てる(M4-CT512M4SSD2)
d0034336_1249060.jpg



ケ:終了すると下記画面が出るのでCloseをクリックして終了する。
d0034336_12494436.jpg



コ:あとはPartedMagicをスタートメニュー→Logoff→Shutdown・・で終了して終わり〆
  (対象が複数枚あるならUSBメモリ起動からア~コを枚数分繰り返します。。)
# by v-akiras | 2012-10-05 12:50 | PC、NW、ESXi


タイトルとおり8輪生活(車+moto+チャリ)な日々の事をログできたらと思います


by v-akiras

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Twitter

最新の記事

esxi5.1u1&Free..
at 2013-04-29 16:50
結局X79蔵へ^^
at 2013-03-30 07:07
M5Sのマイチェン
at 2013-02-25 00:16

カテゴリ

全体
ブログ
PC、NW、ESXi
SLK、カメラ
Apple
モバイル
10Gbps
ライフスタイル
青い空白い雲
お酒
グルメ
ファッション
通勤ラン
音楽
ジョギング

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

超人気アイドル情報の家
from 超人気アイドル情報の家
とても臭い人
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube若槻千夏の..
from 芸能界最近注目の000

検索

フォロー中のブログ

親ばかブログ(由紀の酒)
月は東に日は西に
MUSUCARI DAYS
東京下町 スカイツリーの...
what's 'RUSK'?
ハニログ!
東京雑派  TOKYO ...
東京夜景写真 東京朝焼け...
尾道ロハス紀行

外部リンク

ライフログ

1/12 スズキ Hayabusa 1300 (GSX1300R) 2001 ( 完成品 )
ライフログ
1/18 メルセデス・ベンツ Carlsson CM55K AUF Basis SLK 55 / ブラック SBC4

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
ネット・IT技術

画像一覧